靴に思うこと。。。

左回りのトラックを少しでも早く走りたいなら「『左右非対称ソール』の靴」でも良いと思います。

着地時の前後・左右のねじれ、踵の落ち込みを防止し、安定した歩行やスムーズな運動のサポートが必要であるなら、
「『足裏のアーチ部やサイドを硬質プラスチックでしっかりと補強』した靴」でも良いと思います。


ただ、
『人間が持つ足本来の機能を取り戻し、正しく歩く』 『足の機能を育てる』
ならば、
裸足で走り回るのが一番じゃないでしょうか。
『人間が持つ足本来の機能』を失わせたのは、靴なのでは?!

着地時の衝撃を吸収したり、上体がぶれた時に踏ん張る柔軟性など靴に頼ることで
足本来の機能を
というより身体が本来備えている二足での立つ、歩く、走る、跳ぶなどの動作を
失わせてしまったり、ごまかしてしまったり、間違って身に付けてしまっているのではないでしょうか。


立つ、歩く、走る、跳ぶなどの動作は、余計な知識やイメージのない子どもの方が
人間が備えている身体本来の使い方だったりします。。。



コメント

このブログの人気の投稿

チロルチョコ

8月2日

8月16日