凝りや痛みや不調

凝りや痛みや不調は習慣や癖(無意識)が原因であることが多いです。

習慣や癖が身体への過度のストレスになっていることを自身では気がつかないため、凝りや痛み、不調として身体に出てきます。

習慣や癖を変えていく時には意識して変えるので身体は違和感を感じます。
無意識を変えるには意識を続けることが必要です。意識を続けた結果が無意識になります。


鍼灸マッサージでは身体への過度のストレスを減らすことはできますが、習慣や癖を変えることは難しいです。
コンディショニングでは習慣や癖を変えて身体に過度のストレスを受けない(溜めない)ようにしていきます。


コメント

このブログの人気の投稿

チロルチョコ

8月2日

8月23日