「健康的」な食品は人によって異なる

 ◯◯を食べて健康、△△を食べると減量、、、など同じ食べ物でも人それぞれ効果は違ってくる。
我々はもし全く同じものを食べたとしてもその代謝には個人差が存在するようだという、1週間以上にわたって800人の血糖値をモニターしたイスラエル・ワイツマン研究所からの報告。人によって最適な食事は異なるというわけである。
・・・
食後血糖値は、年齢とBMIに関連が見られた。けれども、データはまた、異なる人々は同じ食事を食べても、反応が大きく異なることを示したという。個人の反応は日が変わってもあまり変化しなかった。
・・・
「大部分の食事摂取基準は食品に対する人々の反応は大きな違いがないことを前提に作られており、個人差が大きいなどとはだれも考えない。だが、時にはそういう例が実際に存在する。これは研究が大きく欠落している部分である」と主任研究者のエラン・シーガルは語っている。
同じ運動をしていても体重が減る人減らない人、筋肉が増える人増えない人など身体の変化はさまざま。

食事や運動によるいろいろな健康法が次から次へと出てきますが、特定の芸能人やスポーツ選手に効果があったから自分にも効果があるとは限らないのでご注意下さい(笑)

ちなみに鍼灸やマッサージの施術も人それぞれ違います。同じ人でも毎回、微妙に違います。身体は(環境に適応するために)常に変化しています。




コメント

このブログの人気の投稿

2017年 深川小学校ウィークエンドスクール『運動教室』

6月21日

6月14日