力を抜く

力を入れないと力を抜くことは違います。
もちろん手を抜くことと力を抜くことも違います(笑)

力を入れる、入れないは意識できます。
力を抜くことは意識できません。
力を抜くとは余計な力を入れない(力が入っていない)ことです。

文章にしたり言葉にすると何を言っているのかわからなくなります。。

力を抜くには息を吐くことです。
息を吐くことで余計な力が抜けます(本来は)。

感情(東洋医学でいう七情:怒喜思憂恐悲驚)や天気、周囲の人、環境で息が変わり、呼吸はしているのですが息が吐けなくなることがあります。

息を吐くことで抜けるはずの力が息が吐けないので抜けなくなります。

力が抜けない身体、、、凝りや痛み、様々な身体の不調・不具合を生じさせます。いわゆる病気です。


『どうやったら息が吐けるようになりますか?』とよく聞かれますが。。。



コメント

このブログの人気の投稿

2017年 深川小学校ウィークエンドスクール『運動教室』

6月21日

6月14日