座り姿勢

正しい(理想とする)姿勢は環境や作業によって変わってきます。
『真っ直ぐ』が時には悪影響となる可能性も。。
私たちは、「まっすぐ座りなさい」と言われながら育ってきました。しかし、それは健康のためではなく、より仕事ができるように見せるためだったのです。結論から言うと、真っ直ぐ(骨盤の角度が90度になる姿勢で)座り続けると体に悪影響があります。
・・・
座るときの適切な角度は120度から135度とされており


・・・
1. クッションを利用する
・・・
2. 足を支える
・・・
3. 手首を真っ直ぐに
・・・
4. アームレストは必要ない
・・・
この座り方を推薦しているわけではありません。





コメント

このブログの人気の投稿

2017年 深川小学校ウィークエンドスクール『運動教室』

6月21日

6月14日