正しい歩き方?!

正しい歩き方として
『かかとから着地して足の裏、そしてつま先へと体重移動して』
という説明があります。

しかし、裸足ではそのようには歩いてはいません。というか、かかと着地では痛くて歩けません。
裸足で歩かなくても、その場で足踏みすると分かります。かかとからは着地していません。
ちなみに「走る」も同じです。


『かかとから着地して足の裏、そしてつま先へと体重移動して』の歩き方ができるのはクッションの付いた靴を履いているからできることです。
靴を履いているからできる歩き方は「身体が持っている機能を活かした歩き方」ではないので、身体のどこかに負担をかけます。外反母趾、膝痛、腰痛、首肩のこり、、、内臓の不具合なども。。



「身体が持っている機能を活かした歩き方」とは、、、
裸足でその場でジャンプを繰り返してみて下さい。
前に行かないように、ふくらはぎや太ももが疲れてこないように、どこかに痛みを感じないようにジャンプを続けられることが大切です。
そのジャンプでの身体の使い方が「身体が持っている機能を活かした歩き方」です。

ご興味のある方はこちらで。



コメント

このブログの人気の投稿

2017年 深川小学校ウィークエンドスクール『運動教室』

チロルチョコ

6月21日