細胞レベルでのマッサージ効果

 細胞レベルでのマッサージ効果。
マッサージによって遺伝子発現に変化が生じ、細胞レベルで炎症を起こす物質が減り痛みが和らぐ...らしいのです。
・・・
マッサージされた足は、PCG-1alphaというプロテインレベルが増え、NFκBが減少したらしい。
・・・
つまり、マッサージによってミトコンドリアを増やす働きがあるのだそうです。(ミトコンドリア、理科の教科書に出てきましたよね。ほとんどすべての生物の細胞に広く含まれている細胞内構造物です。)ミトコンドリアの増加によって細胞のエネルギー増加を促し、筋細胞を修復する働きがあるのだそうです。一方NFkBというのが減れば、炎症が和らぐんですって。


コメント

このブログの人気の投稿

チロルチョコ

8月2日

8月16日