『まっすぐ』は難しい

走る動作に限らず、歩くや座る、跳ぶも投げるも蹴るも『まっすぐな姿勢』が基本です。
しかし、『まっすぐに立つのは簡単』ではないです。

姿勢は身体の癖(くせ)です。
『まっすぐに立つ』『まっすぐな姿勢』と思っているほとんどの立ち方や姿勢は踏ん張るようにして立っていたり腰を反りすぎていたり、、、癖のせいで『まっすぐ』がわからなくなってしまっています。
『まっすぐ』の感覚は難しいです。
止まった状態で、まっすぐに立つのは簡単です。重要なのは、走っている状態で接地して片足になった姿勢がまっすぐであること。スタート直後は前に傾いていますが、前に行きたい思いが強いと、その後も上体を倒して進もうとしてしまう。常にまっすぐな姿勢で真下に力を加え続けていくということが大事です。そうすれば慣性の法則が働き、自然と進む。姿勢を前に倒し過ぎると、圧力が接地の瞬間に逃げてしまって進まなくなってしまいます
『まっすぐ』の感覚があって初めて『自然と進む』の感覚になります。
筋肉(筋力)に頼り過ぎない、自然な動作になります。

いろいろな動き、動作の際に関節や筋肉に痛みを感じるという場合は筋肉に頼り過ぎている可能性があります。
ちなみに筋肉に頼り過ぎるのも身体の癖です。



癖をなおすには意識するしかありません。
どこをどうなおすか、、、ご予約、ご来院お待ちしております。



 なぜ、お父さんは運動会で転ぶのか 陸上トップ選手が分析、原因は仕事中の「姿勢」? | THE ANSWER


コメント

このブログの人気の投稿

チロルチョコ

8月2日

8月9日