運動

無酸素運動と有酸素運動の2つがあります。

無酸素運動とは呼吸をしない運動ではなく動きが激しく呼吸が間に合わないために身体に必要な酸素が足らなくなる運動で、酸素が足らないために糖が身体を動かすエネルギー源となります。
有酸素運動とは呼吸を続けながら動ける程度の運動で、酸素と脂肪(とほんの少しの糖)が身体を動かすエネルギー源となります。

会話しながら運動できるかできないかが無酸素運動になるか有酸素運動になるかの別れ目です。


脂肪燃焼を目的とするならば有酸素運動がおすすめです。
運動開始時は無酸素運動になってしまいますが、開始5~10分後から有酸素運動になってきます。開始15~20分後から脂肪がエネルギー源として燃焼されやすくなってきます。

歩く、走るという運動が代表的な有酸素運動ですが、会話が少し苦しいぐらいの動きが脂肪燃焼効果が高い有酸素運動となります。


(ちなみに最近、ダイエットを目的としたスポーツジムで話題のウェイトトレーニングはやり方によりますが、基本的には無酸素運動になりますのでダイエット効果は、、、です。まずは糖質を控え目にした食事からです。身体の多くはたんぱく質からできていますし、身体を動かすエネルギー源を酸素と脂肪をメインにしていくことを目指します。)


コメント

このブログの人気の投稿

2017年 深川小学校ウィークエンドスクール『運動教室』

チロルチョコ

6月28日