水分補給

運動時に熱中症予防にこまめな水分補給を心がけることは大切です。
が、意識が遠のくような感じや、手足のむくみ、吐き気や頭痛のような症状を感じたら熱中症ではなく水分の摂り過ぎによる『運動誘発性の低ナトリウム血症(EAH)』の可能性もあります。
EAH新ガイドラインの勧告は至ってシンプルだ。いわく、「喉が渇いたときだけ、水分を補給するように心がけること」。渇く前の水分補給を指導された経験があると受け入れ難いかもしれないが、今の世界の趨勢は「渇いたら、飲む」である。
喉が渇いたと感じた時は体内の水分量の約2~4%が減少している時で、脱水状態とされる時は体内の水分量は約5~8%以上が減少している時とされ、喉が渇いたではない身体の異常を感じるそうです。(『水分摂取の神話』)

基本的には『渇いたら、飲む』で十分です。
何を飲むかですが、2時間程度の運動であれば『水』で十分だと思いますけど。。。





※個人差があります。水分摂取には十分にご注意下さい。


コメント

このブログの人気の投稿

チロルチョコ

8月2日

8月16日