身体の痛みやパフォーマンスの改善に

最近、スポーツでの身体の痛みやパフォーマンスの改善にご来院される方が増えております。
その方々からよく聞かれるのが

何したらいいですか?
どうしたらいいですか?
ストレッチですか?筋トレですか?

です。

身体の状態は人それぞれ違いますが、痛みやパフォーマンスが上がらない原因は筋肉を硬くしてしまっていることが多い(ほとんど)です。

なので、

ストレッチでも筋トレでもいいのですが、筋肉を硬くしないことが一番

とお答えしています。

前屈してつま先に指がとどいても
足が180度開脚できても
重りを何kg持ち上げられても

筋肉を硬くしてしまうような身体を動かし方をしていると、硬くなった筋肉は痛みを生じさせたり、身体の動き(パフォーマンス)を低下させたりします。


筋肉を硬くしないこと。
身体を動かしている時にできる限り筋肉を硬くしないこと。

そのためには、、、

息を止めないこと。

言葉(文字)で分かっても、いざ実践となると、、、簡単なようで難しい。
息を止めてしまう理由は様々です。
理由は、、、。

ストレッチや筋トレではないアプローチで身体の痛みやパフォーマンスの改善もオススメです。簡単、すぐに、というものではないですが。。

身体の痛みやパフォーマンスの改善に の続き



コメント

このブログの人気の投稿

2017年 深川小学校ウィークエンドスクール『運動教室』

6月21日

6月14日