身体と呼吸

身体がかたい、やわらかい、ということと呼吸は関係しています。
緊張している時の呼吸
リラックスしている呼吸
歩いている時の呼吸
走っている時の呼吸
スマホを弄っている時の呼吸
本を読んでいる時の呼吸
仕事をしている時の呼吸
筋トレをしている時の呼吸
人混みにいる時の呼吸
テレビを見ている時の呼吸
楽しい時の呼吸
怒っている時の呼吸
寝ている時の呼吸
などなど、様々な場面で呼吸は変わります。
その呼吸は無意識で変わっていることがほとんどのため、変わっていることを意識することは少ないです。
そして、呼吸によって身体は変わります。
息を吐いた時に力が抜けます。
息を止めていると力が抜けません(入ります)。
口で息を吸うと力が入ります。
息が吐けていない、息を止めてのストレッチは筋トレと同じです。
口で息しながらのウォーキングやランニングは筋肉に負担が多くなりケガや故障しやすくなります。
浅い呼吸の身体はかたいです。
身体の凝りや痛み、不調・不具合などのトラブルと呼吸は関係しています。
様々な場面で変わるはずの呼吸が変わらなくなると身体はトラブルを起こします。
呼吸を意識することは少ないので、呼吸が変わらなくなっていることに気がつきません。
筋トレをしている時の呼吸と寝ているいる時の呼吸が同じ呼吸になっていたり
スマホを弄っている時や仕事をしている時の口で息をしていたり
緊張している時とリラックスしている時の呼吸が同じような呼吸になってしまい身体は常に緊張状態、かたい状態になります。
身体と呼吸
呼吸を変えることで身体は変わります。
呼吸を意識することで呼吸は変わります。
息を吐く
息を吸う
無意識にしていることを意識することで変わります。
身体のコンディショニングトレーニングとは無意識を意識すること、呼吸の基本を知ることです。

コメント

このブログの人気の投稿

チロルチョコ

8月2日

8月16日