姿勢と呼吸

動くと〇〇の関節が痛い。

ということは、

身体を動かす際に、◯◯という関節に大きな負担がかかっているという可能性があります。

関節は、約260個あります。

約260個の関節が動くことで身体が動くのですが
筋肉(筋力)によって特定の関節だけで動くことができます。
しかし、そのような身体の動かし方が、特定の関節に負担をかけてしまい、
◯◯の関節が痛いという症状となります。
もしくは、特定の筋肉のこり感やはり感、痛みなどの症状となります。

blogger-image--144087062.jpg

約260個の関節を動かして身体を動かすには、、、

姿勢と呼吸

です。

姿勢や呼吸が乱れている時は
筋肉(筋力)によって特定の関節だけで動いてしまいがちです。

動いている時は、姿勢や呼吸が乱れやすいです。
その乱れを最小限にしたり、できる限り早く元に戻すために行うのが、練習だったりトレーニングになります。

日常生活でもスポーツでも姿勢について言われるのは、特定の関節や筋肉に負担をかけない為でもあります。

姿勢と呼吸

マッサージや鍼灸だけでは、改善が難しかったりします。

ご興味ある方はこちら

コンディショニング
ゼロ式姿勢調律法(ZAT)
ZAT式トレーニング



このブログの人気の投稿

12月7日

12月6日のツイート

12月4日のツイート